男性器が小さい理由とは?

ペニスの見栄えは、太さ・長さ・カリ高の3要素が重要!増大サプリで実現しよう!
租チンの救世主はこれだ!

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためにはなぜそもそも男性器が小さいのかを知る必要があると思います。男性器が小さい原因には以下の三つが考えられます。

●そもそもの体質

男性器が小さい一番の原因と言われているのは生まれつきと言われています。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長のように生まれもった遺伝で男性器の大きさが決まっているというわけではありません。男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することにより、これからいつでも男性器を成長させることができるのです。

●筋力が不足している

下腹部の筋力が弱い人太っていてお腹が出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は、下腹部から男性器につながる筋力不足。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

この男性器の根元にあたる筋肉が弱っていると男性器そのものが細くなりやすくなりますし、ギンギン具合もへたってしまうということです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●包茎

包茎状態というのも男性器を小さく見せてしまっている原因の一つです。包茎というのは男性器の先端に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭に皮が被っているのは当たり前のことですが、思春期になって大人になるにつれて徐々に男性器の皮がむけていって、大人の男性器になっていきます。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

上記のように包茎というのはいくつもタイプがありますが、すべてに共通していえることは皮が被っている状態のことをいいます。

亀頭に皮がかぶっていると、亀頭や陰茎の成長の妨げになってしまい、男性器が大きく成長しません。

これが包茎が男性器を小さくする原因です。包茎と正常の男性器では、長さが平均で3cmも違うというデータもあります。

包茎の人はまず包茎を治すことにより男性器が少し大きくすることができます。